県ミーティング・長野県ベースボールサミット

午前中は「県ミーティング」を開催しました。サミットと併せての日でしたが、140人の参加があり本当にうれしく思います。今年で14回目。マンネリ化した委員長からの連絡でしたが、熱心に聞いてくれました。テーマは「長野県の子供たちの野球を考える」で、上伊那サミットの報告、女子野球「長野クラブ」の監督の話、等を交えての1時間半でした。
軟式野球連盟登録審判で学校の異動に伴う支部変更をしなくてもいいようにする先生は、至急宮崎に連絡してください。

そして、午後。「2017.1.14」は長野県野球界にとって『歴史的な日』になりました。長野県青少年野球協議会による「第1回長野県ベースボールサミット」が松本市で600人余りの参加者により開催されました。野球人口の減少に歯止めをかけ、競技力向上を目指し、小・中・高の野球関係者が一つになろうというものです。これで昨年4月に発足した「長野県青少年野球協議会」が全県に認知され、上伊那地区のような素晴らしい取り組みが全県に広がっていきます。講演会講師には夏の甲子園日本一の作新学院小針監督が来てくれました。基調講演をしていただいた北海道の柳さんは日本野球界を熟知されている凄い人でした。
「みんな、野球やろう!」「子供達よ、野球で遊ぼうよ!」「高校3年間はみんな一緒に野球やろうよ!」
これからの県、各支部での取り組みが大事です。始めよう!

2017年01月16日 PM 07:17 :一般